ニュース

【 落とし文(おとしぶみ) 】

オトシブミなる昆虫がいる。
葉を丸めて巻物状にすることからこの名がついたらしい。

なぜか?

万葉の昔から、公然と言えないことや秘かに思う恋心を手紙にしたため、伝えたい人の近くに落として拾わせた置手紙のことを「落とし文)といったらしい。

その落とし文のように葉を丸めることから、その昆虫をオトシブミと呼ぶとのこと。
昔の人の感性の面白さに頭が下がります。

感謝の気持ち、喜び、伝えたいおもい……、今では簡単にインターネットのあらゆるアプリで瞬時に伝えられます。

落とし文は古(いにしえ)の知恵。
現代は知恵などもちいらずとも、他人に内緒のやり取りが簡単にできる。

簡単すぎるが故に、出会いや別れが軽くなり始めたのだろうか。そして逆に簡単すぎるが故に、奇妙に執着する者が現れだしたのだろうか。

新着記事

PAGETOP