ブログ

【 どこからくるの 】

出張中の愉しみに「新聞」がある。

まずその地域の地方紙に目を通すこと。しかし土地鑑がないとピンとこない記事が散見する。それなのに想像力をかきたてられてそれがなんとも面白いのだ。

 

そして、もうひとつは産經新聞を読むこと。

この新聞は北海道にはない。(厳密には一日遅れで夕方に受け取ることはできる)

だから出張先で必ず手にして読むようにしている。なぜかというと、一面の上にある「朝の詩(うた)」がいいのだ。このコーナーは柴田トヨさんというスター詩人を生んだコーナーでもある。

 

11月14日(水)の朝刊に出ていた朝の詩が、なんともいい。

 

どこから来るの

埼玉県入間市 村山皓介(83)

 

「ジイジ 朝はどこから来るの」

「お空の向こうから」

 

「ジイジ 秋はどこから来るの」

「あの 山の方から」

 

「ジイジ 幸せってどこから来るの」

「カナ子の笑顔から」

 

たわいない

朝の詩(うた)である

 

 

この詩を読んでふと思った。

自分の幸せはどこから来るのだろう。

やはり身近な人の笑顔からだ、と。

 

だから笑顔でいなきゃ。

自分が幸せを配達するつもりで。

新着記事

PAGETOP