ブログ

コンビニ怪獣

信号待ちをする車の中からコンビニを眺めていた。

今流行りのイートインで数人が食事している。

その時、突然恐くなった。

日本人の健康をコンビニが握っているのではと。

私たちは一日何食のコンビニ弁当を食べてきたのか。

年齢を重ねた今はほとんど食べなくなったが、それでも、週に一回は今でも食べる。

人間の身体は食べたものでつくられる。いいものを食べればいい身体に。悪いものを食べれば悪い身体に。コンビニ弁当を食べればコンビニな身体に。

我々は、いつの間にかコンビニに健康を支配されているのかもしれない。

製薬会社とコンビニが手を組んで、コンビニ弁当を食べた日本人が、コンビニ怪獣という病気になり、それを治療する薬を事前につくっている時代なのかもしれない……。

 

※これはあくまで、中村信仁の想像によるフィクションです。そんな製薬会社もコンビニも実在しません。……そう願っています。

 

新着記事

PAGETOP