ブログ

池波正太郎著 剣客商売

日高晤郎先生が読むといいよ、とサラリといった。
一瞬聞き逃しそうになるほど軽く。

1990年に急性白血病にて67歳で亡くなった池波正太郎氏の本。

鬼平犯科帳や仕掛人藤枝梅安などあるが剣客商売シリーズから入るといいといった。

読んでみて驚きました。
初めての文体。
経験したことのない改行。
なるほど…。
文書が、話芸を成しているんです。
師匠の意図というものを感ぜずにはいられない。
やはり、メシは喰ってみろ、人には会ってみろ、本は読んでみろ、です。

新着記事

PAGETOP